スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロナルド・レーガンが西太平洋へ向け出港

キティホークが横須賀でドック入りする間の代替空母として、1月27日にロナルド・レーガンがサンディエゴを出港したそうです。
レーガン空母攻撃群(CCG-7)にはCVW-14(第14空母航空団)とDESRON-7(第7駆逐隊)、CG-57レイクチャンプレン、DDG-59ラッセルなどが含まれています。
CVW-14(NK)にはVFA-22(E)/25(C)/113(C)/115(E)とすべて単座のF/A-18が所属していますが、VFA-22はF/A-18Fへの転換が始まっているはずなので、今回載っているかどうか。
web_060330-N-7711S-057.jpg

Photo:USN
スポンサーサイト

手ぶれ補正望遠レンズ買おうかなぁ

最近、プロの航空カメラマンの間でジャイロ式の手ぶれ補正レンズが使われているそうです。
手ぶれ補正っていうと、何かアマチュア向け機能のような印象を受けますが、航空カメラマン、中でも第二次大戦機を中心に撮ってるカメラマンは、プロペラがきれいに回っているように遅めのシャッターを切るので、その際に手ぶれ補正が役立つそうです。
写真は1/2000で撮ったUC-12ですが、プロペラは完全に止っていてかなり不自然ですよね。かといって、1/60とか1/30でブレずに撮る自信は私にはありません。良くて数コマ切って、1枚止ってるのがあればって感じでしょうか。
そんなわけで私も手ぶれ補正機能が付いた望遠系ズームが欲しいんですが、けっこう高いんですよね。ニコンのAF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G (IF)というのが明るくていいんですが、20万もするし、ちょっと暗いけど6万ちょっとで買えるAF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)でもいいかなぁなどと思案中です。
Nk1042137726.jpg

F-22ラプターの続続報

今日、ある筋から聞いた話なんですが、2月10日に来日するというF-22の話。外務省の発表なんですが、米軍側は日程を正式には発表していないそうです。
10日より早いのか遅いのか、それとも本当に10日なのか、これじゃ飛行機の予約も取れないよ。

F-22ラプターが嘉手納へ向け離陸と言う記事が...

どうみても誤報なので驚かないでくださいね。

テクノバーンっていう技術系ニュースのウェブサイトなんですが、22日付の写真ニュースに『嘉手納基地に向けて飛び立つF-22「ラプター」』と言う記事が載ってます。
2月10日といわれる嘉手納展開のため2週間も前に離陸するわけがないので、マニアの間で囁かれている、一部機体の早期飛来かと思って慌ててAir Force LinkのPhotoを見てきました。

そしたら...
原文は2つの文章に分かれていて、

An F-22 Raptor takes off from Langley Air Force Base, Va.
(バージニア州ラングレー空軍基地を離陸するF-22ラプター)

F-22s and Airmen from Langley's 27th Fighter Squadron are deploying to the Pacific in February.
(ラングレー所属第27戦闘飛行隊のF-22と隊員は2月に太平洋へ展開する)

なぜこれが『嘉手納基地に向けて飛び立つF-22「ラプター」』になるのかは理解に苦しむところですが、ともあれひと安心。今来られても仕事が詰ってて、沖縄へ行くヒマありませんから。

060121-F-0986R-305.jpg

連載3回目はスウェーデン空軍

来週には店頭に並ぶと思いますが、J-Wing誌3月号の私の連載「マニアックに行こうよ! 知りたい世界の空軍」はスウェーデン空軍でした。

記事中に出てくる主なスウェーデン空軍関連のウェブサイトは...
スウェーデン国防省
http://www.mil.se/
Team 60 公式ウェブサイト
http://www.team60.mil.se/article.php?1&id=8194
空軍博物館
http://www.sfhm.se/FlygDefaultPage____26.aspx
Nk1042890906.jpg

第41回スーパーボウルにF-22ラプターは飛ぶか?

フロリダ州マイアミのドルフィンスタジアムで2月4日(日本時間5日朝)に開催される、NFLの最終決戦スーパーボウル。アメフトに興味はなくても、ヒコーキ好きなら開会式だけは見逃せません。
通例として、開会式の国歌斉唱の時に軍用機が上空を編隊飛行するのですが、それが楽しみで、観ていらっしゃる方もいるとか、いないとか...。
ドルフィンスタジアムはドーム球場じゃないし、キックオフは日没とほぼ同時の1800時なので、開会式の時には空はまだ明るい。上空通過にはぴったりじゃないですか。
今回は先日亡くなったフォード元大統領の追悼式典も行なわれるそうなので、ミッシングマン・フォーメーションを披露するかもしれません。

問題は何が飛ぶか。
普通に考えれば、マイアミに近いホームステッド基地のF-16C/Dでしょう。マイアミからはちょっと遠いですが、ティンダル基地からF-22ラプターが遠征してこないかななんて、つい夢見ちゃいます。また、フォード元大統領は元海軍士官なので、マイアミ沖にあるキーウエスト基地のF-5Nなんて大穴もありかも。
そのためにも、きっちり開会式から放映してくださいね、テレビ局さん。010611-F-0073C-009.jpg

明日は新年会 ヒコーキ談義に花を咲かせます

F-22が来るっていうんで、いつになくまじめなこと書いちゃいました。
堅い話は、どうもここのブログには似合わないみたい。

で明日なんですが、以前、川崎で展示会(JWing 11月号参照)をやった皆さんがわが家に集まっての新年会。次の展示会のネタの打ち合わせを兼ねて、ヒコーキ談義に花を咲かせることになりました。

ここを読んでくださっている方はヒコーキ好きがほとんどだと思いますが、周りにヒコーキ談義ができる友達がいますか? 次回展示会も、展示内容なんて大したことなくていいので、みんなでヒコーキ談義のできる場所を提供したいなと、個人的には考えています。

F-22ラプターの続報

正式発表がありました。2月10日から約3ヵ月だそうです。

韓国にはF-117 1個飛行隊がすでに派遣されてきており、こちらは通常のAEF(航空宇宙遠征軍)の展開期間と同じ4ヵ月だそうです。5月初頭までということで、今日発表されたF-22の嘉手納展開スケジュールと一致しますね。

これは凄いことになってきました。

F-117は3月に実施される韓米連合戦時増員(RSOI)演習やフォールイーグル演習に参加の予定で、その場合、侵入するF-117をF-22が護衛するステルス攻撃隊のコンセプトが、初めて最前線に近い場所で試されることになるかもしれません。

F-22に護衛されたF-117。まさに最強の組み合わせで、アメリカ空軍が目指していたのはこの形なんです。F-22にとっては航空優勢下で行なう防空戦など役不足もいいところで、敵の航空優勢下において逆に航空優勢を奪うことが第一の任務。つまり侵攻のための戦闘機なのです。

もうひとつ注目されるのが、グアムのアンダーセンにAEF展開する爆撃機。9月頭にノースダコタ州マイノットからB-52Hが派遣されてきていたので、そろそろ期間終了の4ヵ月。
次のローテーションでミズーリ州ホワイトマンからB-2スピリット爆撃機が展開するなどということになれば、ステルス爆撃機、ステルス攻撃機、ステルス戦闘機のそろい踏みという、前代未聞の物凄いことになります。

二度目の核実験を準備していると言われる北朝鮮にとって、これほど恐ろしい組み合わせはないでしょう。仮にグアムに来るのがB-2ではなくB-52Hだったとしても、充分すぎる打撃力。

アメリカもえげつないことやりますね。願わくば、この「ステルス外交」が奏功して、核問題が解決の方向に進展するといいんですが、相手もえげつないしなあ。

F-22ラプターが来月来ますね

ニュースでは嘉手納基地に「配備」なんて言ってますけど、嘉手納のF-15と三沢のF-16がレッドフラッグ参加などで数が減るため、その間の穴埋めで、いわばTDY(一時派遣)。

取材させてもらえれば最高なんですが、ダメなら外からでも見たいな。

それにしても、凄い数のマニアが集まるんでしょうね。道の駅とかウハウハかも。

明けましておめでとうございます

今年も時々忘れた頃に更新しますので、時々覗きに来てください。
たまには役立つことも書きますから・・・。
よろしくお願いします。
プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。