スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のお宝コレクション

F-Xの続報でも書こうかと思ったのですが、堅い話はこのブログの趣旨からはずれちゃいそうなので、以前私のコラムで紹介したお宝の話でもします。
さて、これは何でしょう?

Nk1039446318.jpg


飛行機のフットペダルだってことはすぐ分かると思いますが、問題は機種。
正解はリパブリックF-84Fサンダーストリークという、アメリカ空軍の戦闘機です。下は同じ機体の12.7mm機銃発射口。

Nk1039445508.jpg


最近はヤフオクやeベイなどでいろいろな飛行機パーツを売ってるそうですが、これは30数年前、一銭も払わずに手に入れました。
入手の経緯は私のコラムを読んでくださっている方や、以前川崎でやった展示会にお見えになった方には耳タコでしょうが、アメリカからANGを退役したF-84Fを運んできて、渋谷のあるデパートの屋上で解体させるという、前代未聞のイベントがありました。そこで手に入れたのがこの2点(そのほか小物数点)。家ではゴミ扱いですが、価値があるのやらないのやら。
でもこんなイベント、またやったら楽しいと思うんですけどね。
スポンサーサイト

27EFSのF-22Aラプター

嘉手納の18WG指揮下にAEF派遣されてきた27EFSのF-22A 12機。1機を除いてシリアルナンバーが判明しました。着陸順に紹介します。

2月17日
03-0051, 03-0049

2月18日
04-0078, 03-0052, ????(27FS CO), 03-0060
03-0061(1FW CO), 04-0064, 04-0065, 04-0066

2月21日
03-0048, 03-0050

判明していないのは27FS司令機。
機体によっては機首下側のパネル編隊灯の前(写真をクリックすると大きくなります。赤い矢印のところです)にシリアルの下3桁を記入しているので、クローズアップを撮られた方の報告を待ちたいところです。
(無断転載はお断りします)

F22A27FS.jpg
(c) USAF

明日、福岡にNKのC-2A来るかも

九州地区の海軍機マニアに情報。明日、メディア招待でロン(ロナルド・レーガン)のC-2Aが福岡と船を往復するようです。
あくまでも現時点での情報なので、キャンセルになっても保証はできません。
web_060620-N-5549O-350.jpg

やっぱ嘉手納へ行こう

取材じゃないと中撮りできないし、外撮りじゃな~。どうしようかな~と迷っていましたが、テレビのニュースや知り合いの画像BBSを見てると、どうしても嘉手納へ行きたくなりました。
2月はもう無理なんで、早くて3月中盤。待てない気分です。

F-Xをブログに書くならこの本は必読

4101381135.01._SS500_SCLZZZZZZZ_.jpg

先日、F-Xのことを書いたら、急にアクセスが増えました。訪問者履歴をたどっていろいろな方のブログを覗かせていただきましたが、皆さんF-X選定に詳しいようで、F-22がダメならタイフーンだとか、この際国産戦闘機をとか、いろいろな提案をされてます。
私は前にも書いたように、最終候補はF/A-18E/FかF-15FXで、次の次がF-35だと思っていますが、反論はこの本を読んでからにしてください。
「たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て」新潮文庫、580円。
著者はNHKのワシントン支局長だった手嶋龍一氏。
FS-Xが国産からF-16ベースになった経緯や、議会の圧力などが興味深く、あっという間に読み終わっちゃうと思います。
ブログにF-Xのことを書く際にも、いい参考書になると思いますよ。

連載4回目はタイ空軍

Nk1040240543.jpg


4月号は「タイ空軍」です。
これまでの3回、けっこう評判がいいようでひと安心です。編集部には「インド空軍を」というリクエストも来ているそうです。最近、インド空軍の博物館へ行ったという知人に会ったので、詳しく話を聴いて、いずれやりたいと思います。

タイ空軍の公式サイトは
http://www.rtaf.mi.th/eng/
空軍博物館は
http://www.rtaf.mi.th/museum/English.html
オープンハウスの件でいろいろ参考にさせていただいた、THE HORNETS'80のUniさんのページは
http://www.hornets80.net/report/uni_t97_01.htm

http://www.hornets80.net/report/9902_uni_thai/9902_uni_thai_1.htm
Uniさんのような旅慣れた方以外、お勧めできない点も多々あります。注意してお読みください。

それから、書き忘れましたがブログタイトルが長いと不評でしたので、単に「マニアックに行こうよ!」に変更しました。リンクされている方、申し訳ありませんが変更をお願いします。

<訂正>
P.98の部隊リストですが、Udon Thani基地とUbon Rachatani基地の名前が入れ替わっていました。お詫びして訂正します。

F-22Aラプターのシリアルナンバー

嘉手納飛来機のシリアルは確認できてませんが、1FWが運用する40機のF-22Aは以下の通りです。
03-4047/4061  27FS
04-4062/4063  94FS
04-4064/4065  27FS(?)
04-4066     94FS → 27FS(?)
04-4067/4069  27FS(?)
04-4070/4081  94FS
05-4085/4086  94FS

2003-2004年度はブロック20、2005年度はブロック30です。

なぜか今日はアクセス数が多い

やっぱりF-Xの話って、興味ある人が多いんですね。
アクセス解析しようかとも思いましたが、明日締切の原稿があるので断念。
こんなに読んでくださるのなら、時々は怒られない程度の裏話なんかしちゃおうかな。

空自F-Xの話に進展があったようですね

時事通信のウェブニュースを読んでいたら、「次期主力戦闘機選定が本格化=米・英メーカーに調査員派遣へ-防衛省」という見出しが飛び込んできました。
記事を読んでみると、調査対象の6機種のうち、質問書に回答のあった3機種の米・英のメーカーに対し、月内にも調査員を派遣するそうです。現地調査の対象はF/A-18、F-15FX、ユーロファイターの3機種で、F-22の名前が上がっていないということは、輸出許可が下りる見通しが立たなかったのでしょう。F-35は時期的に考えて、やはり次の次かな。
ここまではおおむね予想通りの展開。
日米同盟を重視する現政権がユーロファイターを採用する可能性はまずないので、最終候補はF/A-18E/FかF-15FX。新しい技術を吸収したい国内メーカーの意向を反映すればF/A-18E/F、戦闘機でミサイル防衛もと考えれば、APG-63(V)3/(V)4レーダーを搭載するF-15FXになるんじゃないでしょうか。

F-22ラプター どうしちゃったんでしょう?

ハワイまで来てるって言うのに、運用上の理由とかでやって来ないラプター。どうしちゃったんでしょうね。APなどの外信を読むと、183機しか買えない、開発費も含めると3億5000万ドル(426億円)もする世界一高い戦闘機に何かあったら困るので、念には念を入れてるんじゃないかって話です。
ホントのところはどうなんでしょう?
そろそろ来てもらわないと、いろいろ困っちゃうんですが...。

F-22ラプター到着は明日に延期されました

NHKの報道では「6機が10日夕方、ハワイの基地から嘉手納基地に到着する予定でしたが、アメリカ空軍によりますと飛行ルートの天候の影響で到着はあすに延期したということです」とあります。
ということは、明日12機が揃ってという可能性もありますね。
遠征組は頑張ってください。
私ですか。再来週までの締切仕事が来週末まで早まったので、しばらくは外出できません。
やはり、3月か4月に行くしかなさそうです。

リニューアルしてから5000アクセス

気分転換にブログをリニューアルしてから半月ほど経ちますが、その間に5000アクセスもしていただきました。やはり、F-22の効果でしょうかね。
今後もこんなペースで、ボチボチ更新していきますので、よろしくお願いします。

何か、こんなヒコーキ話を書いてくれというようなリクエストがありましたら、ここにコメントを寄せてください。政治絡み(揉めると面倒なので)とオフレコ話(ヤバいので)、特ダネ話(食べていけなくなるので)以外でしたら、知ってる範囲で書いてみたいと思います。

F-22の飛来は9日か10日?

8日に米軍側が取材の申し込みを受け付けるそうですから、飛来は早くても9日、たぶん10日になることがはっきりしました。いずれにしても私の場合、9日まで仕事が詰っているので、9日の那覇行き最終便には乗れそうにないし、10日の初便で行っても取材には間に合いそうにありません。

取材を諦め外撮りするしかないかなとは思っていますが、24日に佐世保へレーガンが寄港するとのこと。レーガンを撮ってから福岡経由で沖縄に入れば無駄がないかなぁなどと、2月は28日までしかなく、締切仕事が山積していることも忘れて妄想に耽っています。

ヒコーキ撮りに行きたいなぁ。

またF-22の話で恐縮ですが

ラングレーの取材に行った人の話では、米軍側は来週末(10-11日)までには嘉手納に行くという話をしていたそうです。ということは、土日を避けて9日辺りに来る可能性も大。
9日まで仕事だから、絶対に間に合わないよな~。
問題は何時メディアデーを設けるか。これも飛来日だったらお手上げです。

配備? 派遣? 展開?

先ほど某TV局の友人から嘉手納に来るF-22について、タイトルのような質問を受けました。

AEF(航空宇宙遠征部隊)として嘉手納の18WG指揮下に入るわけで(たぶん遠征戦闘飛行隊27EFSになると思います)、一応指揮系統が移るのですから「派遣」じゃ変だし、だからといって3~4ヵ月じゃ「配備」は大げさ。「展開」あたりが一番いいんじゃないかと答えておきました。

例えば海兵隊の場合、半年間、岩国基地に派遣されてくる部隊はUDP(部隊展開計画)にともなうもので、海軍も半年間の遠洋航海をデプロイメントと称しています。通常「海外展開」と訳すので、F-22も「嘉手納へ展開」でいいんじゃないかな。

ともあれ、だんだん近づいてきましたね。2月は仕事が詰っていて行けるかどうか分からなくなってきました。でも、一度は嘉手納で見ておきたい。
プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。