スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAEシステムズ、JAXAとバードストライク研究への共同作業を開始

BAEシステムズからニュースリリーズが来ました。興味深い内容だったので、全文掲載します。

BAEシステムズ、JAXAとバードストライク研究への共同作業を開始

【東京 2010年6月27日】 BAEシステムズ先端技術センター(Advanced Technology Center)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)航空プログラムグループ(APG)は、バードストライク(航空機の機体やエンジンに鳥が衝突する事故)に関する現状技術(バードストライクのコンピュータ・シミュレーションとバードストライク試験法、及びバードストライク試験に使用する人工鳥の開発)の総括を行う共同作業を開始いたしましたので、お知らせいたします。BAEシステムズは2010年6月よりバードストライク研究の第一人者であるスチュアート・マッカラム(Stuart McCallum)をJAXAに派遣し、航空機バードストライク試験に使用する人工鳥の開発への共同研究の提案の準備を始めました。

世界では、航空機のみならず、宇宙輸送機や戦闘機、さらには列車も、バードストライクによる重大な脅威にさらされています。また、民間航空機などは多大な経済損害を被っており、バードストライクによる遅延、キャンセル、再給油、代替乗務員や宿泊手配などの収益損失をもたらすだけでなく、場合によっては機体そのものの損壊や、乗客や乗務員の生命が脅かされることもあります。バードストライク対策の策定は急務であり、これまでにも様々な研究や試験が行われてきました。

現在バードストライク試験で使われている人工鳥は、ゼラチン製の単純な幾何形状の物を使っています。しかしながら、ゼラチン製の人工鳥では必ずしも現実のバードストライク事故を反映するものとはなっておりません。

バードストライクの危険性が増すにつれ、バードストライク試験も可能な限り精度の向上を図り、持続的に実行していくことが重要となっています。この度のBAEシステムズとJAXAによる共同で提案される研究では、バードストライク事故への物理的な理解が深まり、将来の航空機設計及び認証に用いることのできるより実物に近い人工鳥を開発することが期待されます。

日本では、年間1,000件を超えるバードストライクが報告されており、その約1割は羽田空港で発生しています。便数の増加に加えて羽田空港周辺における鳥の生息数も増加しているため、バードストライクの発生件数は年々増加する傾向にあります。

BAEシステムズでは、バードストライクの研究(試験およびシミュレーション)を機体設計の中核要素の一つに掲げ、継続的に研究や試験を実施しています。2004年には、IBRG(International Bird-strike Research Group: 国際バードストライク・リサーチ・グループ)において、バードストライク試験における人工鳥の潜在的な実効性と有効性の調査に協力しました。人工鳥を用いた試験のメリットは、1)試験の精度と再現性の向上、2)航空宇宙業界での標準化の推進、3)シミュレーションの一貫性の向上にあります。

JAXA APGとBAEシステムズの協力に向けた話し合いは、2008年にバードストライクに関する論文の詳細についてJAXA APGがBAEシステムズに非公式に問い合わせたことをきっかけに始まりました。本件をきっかけに、BAEシステムズでは、JAXA、そして日本の航空宇宙産業とのさらなる技術協力につながることを期待しています。
スポンサーサイト

Tu-160ブラックジャックのニックネーム

航空自衛隊が6月10日、初めてロシア空軍のTu-160ブラックジャック爆撃機の撮影に成功、写真を公開しました。
2010-06-21 23.23.50
経緯については朝雲新聞の記事が詳しいので参照していただきたいのですが、とある編集部からTu-160のマーキングについての質問があったので、まとめておきました。

まず機首のストライプですが、青と黄色はロシア空軍旗に由来しています。尾翼の3色はロシア国旗で、水平尾翼の下には「BBC」で始まる文字が。これはキリル文字なので、ローマ字に転記すると「VVS-ROSSII」、ロシア空軍のことです。

以上のマーキングは共通ですが、フィンチップの赤数字と前胴側面のニックネームは機体ごとに異なります。写真の機体は#06"Ilya Muromets"。イリヤ・ムウロメツはロシアの口承叙事詩ブイリーナに登場する英雄の名前です。
そのほか、以下の9機が判明しています。ニックネームの由来は皆さんでお調べ下さい。
#01 Mikhail Gromov
#02 Vasiliy Reshetnikov
#03 Pavel Taran
#04 Ivan Yarygin
#05 leksandr Golovanov
#07 Aleksandr Molodchiy
#11 Vasiliy Sen’ko
#12 Aleksandr Novikov
#16 Aleksey Plokhov
プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。