スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキサス州のカバノー航空博物館に行ってきました

9月13日、テキサス州フォートワースにあるロッキード・マーチン社のF-35ライトニング?戦闘機の工場を取材してきました。取材に関しては雑誌で紹介するとして、その翌日に行ったノースダラスにあるカバノー航空博物館について少し紹介しておきます。

コレクションは航空機だけで50機以上あり、軍用車両や自動車などのコレクションも豊富。
詳しくはウェブサイトのプルダウンメニュー「Collections」をごらんください。

何機か紹介しておくと、
第二次大戦中の戦闘機としてP-51Dムスタング。ぴかぴかの塗装です。
DSC_4032.jpg

FG-1Dコルセア。残念ながらエンジン点検中。
DSC_4099.jpg

P-40Nはフライングタイガー塗装。
DSC_3997.jpg

ヤコブレフYak-3M。ただしエンジンはクリモフからアリソV-1710に換装。
DSC_4008.jpg

爆撃機は
レストア中のB-24A。超レア機です!
DSC_4171.jpg

レストアハンガーへはこのバンで行きます。途中、タキシーウェイと並行して走るので、なかなかスリル満点。
DSC_4071.jpg

B-25J
DSC_3835.jpg

やA-26Cはノーズアートが魅力。
DSC_4017.jpg

レストア中のC-45は海軍塗装。
DSC_4189.jpg

ジェット機も何機かあって、きれいに仕上げられています。
一番の感激はF9F-2パンサー。
DSC_3965.jpg

インディアナ州テラホーテの予備役所属だったF-105Fサンダーチーフ
DSC_3903.jpg

MiGも21USのほか、MiG-17F、MiG-15UTIもありました。
DSC_3908.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 航空機 - ジャンル : 写真

プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。