スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日英航空宇宙産業会議2007へ行ってきました

JWingさんではない競合雑誌のご招待でしたので詳しくは書きませんが、有意義な一日を過ごさせていただきました。
タイフーンとFXの突っ込んだ話など期待してたのですが、時期的に難しいのでしょうね。航空自衛隊からのRFP(提案要求)はまだないということ、F-22よりエクスポータビリティ(輸出可能性)で優れているという説明がありました。

講演の中で一番面白かったのがロールスロイスの次世代型エンジンの話で、推力を得つつ発電も行なうエンジンを開発しているとのこと。将来の軍用機はレーザーなどに多くの電力を必要とするということです。F-35にレーザー砲搭載が計画されているという話は以前からありましたが、どこから電力供給を受けるかについてはあまり考えていませんでした。
DSC_2007.jpg

スポンサーサイト

コメント

>いーのさん
20分くらいの持ち時間でしたので、具体的にどんなレーザーとかいう話は出てきませんでした。

漠然と、化学レーザーだろうと思っていたんですが。
違っていたのですね。

>LYNNさん
いらっしゃるかなと会場を見回したのですが、200~300人参加したそうなので、多分、同じ分科会に出なければ分らなかったと思います。
ちなみに私は「防衛」分科会に出ました。

電力供給

ボーイング787は従来エンジンが機体に供給していた油圧と抽気(圧縮空気)を全廃して電気のみとするため、エンジンはトレント1000/GEnxともギアボックスに化け物みたいなジェネレータがついています。レーザー砲となると、しかしどれくらいの電力がいるのでしょうか。

ところで件の会議、わたしの上司ら数名が出席しておりました(^-^。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。