スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイングの定例メディアブリーフィングに行ってきました

ボーイングジャパンのマイク・デントン社長によるブリーフィングが、22日にボーイング社で開催されました。
DSC_1009220147.jpg

やはり記者の興味は787の納入遅延とF-X。

787に関しては11月頃に行なわれると見られていた羽田への試験飛行は、納入遅延により12~1月頃になる見通しを示しました。ただし、日時の決定権は全日空側にあるので、ボーイングからは発表できないとのこと。

747-8F計画についてはスケジュールに変更はないそうです。

F-Xに提案されているスーパーホーネットについては、「価格適性(アフォーダビリティ)」「ライセンス生産」「低リスク」「国内防衛産業基盤維持」「次世代性能」「最先端の技術」などの特長があり、現時点で航空自衛隊のニーズに最も適合する機体であると述べました。

ちなみに、スーパーホーネットをライセンス生産する場合、全体の85%はブラックボックスなし。残る15%がブラックボックス化されますが、その中心はAPG-79 AESAレーダーやJSF選定でX-35に敗れたX-32の先端技術を応用した部分とのこと。

記者団からの「ノーブラックボックス」を謳っているメーカーがあるがという質問に対して、あちらは5年経たないとAESAレーダーが実用化できないんでしょと、優位性を強調しました。

全体的には物足りない部分の多い記者会見でしたが、来月にはスーパーホーネットの次世代コクピット(大きなiPadのようなタッチパネル式だそうです)の展示もあるので、そちらを期待しましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。