スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナイテッド93公開前日に旅客機テロ未遂事件

とりあえず未遂で終わってよかったですね。
でもヒコーキ好きとして心配なのはこの事件をきっかけに、客足が落ち込むんじゃないかって
こと。911事件の記憶が薄れ、去年は旅客機の受注数が過去最大になったばかりだというのに。

それにしても映画の日本公開に合わせたようなこの事件。今日、映画館でご覧になった方はか
なり緊迫感があったんじゃないでしょうか? 

よかったら、感想などコメントをいただきたいと思います。多少なりともこの映画に関わった
者として、皆さんの評価が気になります。
<追記>
これから観に行くという方にアドバイス。ネタバレはしてません。
ハイジャック犯が操縦桿に貼り付けた写真にご注目。
それから、時系列を考えながら観ると、なぜ他の3機のように成功しなかったのかなどの疑問が
解けると思います。
スポンサーサイト

コメント

1800円の価値が十分にある映画と感じました。このブログをお読みになっているかたで、まだ映画をご覧になっていらっしゃらないかたには、自信を持ってお勧めできます。映画館では後ろのほうの席が良いかもしれません。

公式サイト http://www.united93.jp/top.html の TRAILER のところに 特報1というものがあります。それを見ると、次の字幕が含まれていました。

ユナイテッド93便
西20.3キロ 3-7-0



93便へ クリーブランド管制塔


これから映画をご覧になるかたは、本編の字幕でどのようになっているかを注目されると興味深いかもしれません。


「プッシュバック」のような用語についてはそんなに心配されることはないと思います。
普通のアメリカ人が映画を見た場合を考えてみると、pushbackという言葉が出てきても日常用語としての馴染みはおそらくないでしょう。それでも、映画の中で飛行機が押されてバックしている場面であれば、なんとなく意味がわかるように思います。普通のアメリカ人が見て理解するのと同じ程度に日本人が理解できるならば字幕としては大成功ではないでしょうか。(実際に映画の中で飛行機が押されてバックしている場面があったかどうかは記憶していません)

いろいろご批判はあると思います。
特に数字の換算については、原訳ノーチェックでした。この辺はお詫びしておきます。
専門用語の訳し方については、航空/管制用語をそのまま使うことを極力避けました。例えば「プッシュバック」と書いて分かる人。このブログを読んで下さる方ならたくさんいらっしゃると思いますが、映画館ではどうでしょう?

私自身、すべて納得しているわけではありませんが、時間との勝いであり、適切な言い換えが思い浮かばず妥協した部分もかなりあります。本と違って後で直せないのがつらいですね。

その辺もご斟酌下さり、ここは苦労して訳したんだろうななどと、笑っていただければ幸いです。

>RUNWAYS☆STARさん
不愉快なんて思ってませんのでお気遣いなく。
不愉快というより照れ臭かったんです。
知り合いの本物の航空写真家(瀬尾さんや徳永さん)が見たら、大笑いされそうなので...。

 ご指摘の件、以前のブログ同様「航空ジャーナリスト」に訂正させていただきました。
 不愉快な気分にさせて、申し訳ありませんでした。
 
 翻訳のご苦労は、相当なものですね。
 例えば、タキシングする際「ロミオ・ブラボー・ロミオ」が字幕では「R-B-R」に省略されていましたね。

 昨日、観た映画館はプレミアシートで良かったのですが、一番前の右端の席で少し見上げる態勢で観覧しましたので、今日は首が痛いです。迫力はありましたけどね。

>RUNWAYS☆STARさん
「苦悩」がお分かりいただけて感謝感激です。
航空/管制用語、軍事用語をそのまま使うのは簡単なんですが、それだと一般のお客さんにも分かるような表現はありませんかと突っ込みが入ります。誰にも意味が分かって、しかも専門家からもバカにされない字幕って、すごく大変だと思いました。
今まで、航空映画を観るたび「この字幕はないだろう」と感じることが多々ありましたが、これからは監修者の立場に立って観ることにします。

私が一番ショックを受けたのは、ニューアークのタワーから見たワールドトレードセンターのシーン。画面が真っ白で字幕を入れる場所がなくて苦労したので、よけい記憶に残っています。

ところで、RUNWAYS☆STARさんのブログにある「航空写真家」という肩書きは変えてもらえませんか? 私はあくまでも物書きが本業で、写真は取材で撮る程度。写真家などとはとても名乗れませんし、何か面はゆくて。
名刺には「ジャーナリスト」とだけ書いてますので、「航空ジャーナリスト」くらいにしていただけないでしょうか?

 残暑お見舞い申し上げます。
 昨日、「UNITED93」を観て参りました。
 お客の入りは98名定員のスクリーンで半分くらいでした。
 タイトル直後のクレジットで、「翻訳 戸田奈津子」の下に「監修 石川潤一」となっていましたね。
 管制官が発する字幕では、苦悩の後が見受けられた気がしました。お疲れ様でした。

 映画の感想は、私のブログに掲載させていただきましたので、ご覧下さいませ。

回答ありがとうございました。
字数制限のある中で、物語を伝えていくのって大変ですよね。
でも、とても読みやすい、明瞭な字幕だったと思います。多くの方が見に来るといいですね。

>映画ファンさん
もう2ヶ月以上前のことなのでうろ覚えなんですが、確か、戸田さんと配給会社の人とその部分を詰めた覚えがあります。
住んでいる場所の話の続きだったので、この方がいいという結論になったんじゃないかと思います。
的確な答ができなくて申しわけありません。
いろいろ不備はあると思いますが、限られた時間内でやった仕事にしては、意味が真逆になるような誤訳もなく、まあまあだと自負してはおります。

初めて書き込みします。
「ユナイテッド93」、初日に拝見しました。
結末は分かっているものの、緊迫感があり
ハラハラドキドキの連続でした。
そしてあの9.11のことを改めて思い出しました。
字幕に関してですが、管制塔の場面などを
日本語字幕に載せられるなどの配慮、
私には有り難く感じられました。
あの映画はいろんな層の方々が観られるでしょうし、分かりやすかったと思います。
ただ1箇所気になったのは、機長の会話で「自宅暮らし」という言葉があったのですが、あれは
「地上勤務」などでは、講習の性質上、いけなかったのでしょうか?お聞かせ願えると有り難いです (もしも字幕の見間違いなら、お許しを)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。