スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナイテッド93 好評でひと安心(多少ネタバレ)

友人、知人から「観たよ」とメールや電話で感想をいただいていますが、おおむね好評なよう
でひと安心しています。

私もこの仕事を引き受ける際、アメリカの「プロパガンダ」に加担するようで躊躇する部分が
あったんですが、ご覧になった方はお分かりと思いますが、そんな心配は杞憂に終わりました。

ひとつ感じたのが「運命のいたずら」ということ。それに巻き込まれ、もがき苦しむ人間のド
ラマというのが感想です。ご覧になった皆さんはそう感じたのだろうと、いろいろブログなど
を覗いてみました。

この映画の感想を書いたブログを読むと、前半がダラダラして飽きるというものが結構ありまし
た。この映画を航空パニックものと捉えたら、そうお感じになるでしょう。しかし、同じように
計画された同時多発テロのなかでなぜUA93だけが別の運命をたどったのかは、このダラダラを
しっかり観ていないと分かりません。

それから、いくつかのブログで気になったのがUA93の目標がホワイトハウスだったという説。
今やそれを知る術はありませんが、グリーングラス監督はキャピタルヒル(国会議事堂)説を採
っているようです。ハイジャック犯がコクピットに、キャピタルヒルの写真を貼り付けている
シーンがあります。

もう1点。UA93は墜落ではなく米軍戦闘機による撃墜だったのではないかという話。私の個
人的な見解ですが、当時の混乱ぶりを考えると、戦闘機は間に合わなかったんではないかと思
います。ただし、さらにワシントンに接近、危険エリアに入っていたら撃墜されていたことは
確実でしょう。

このように、今も多くの疑問が残るこの事件ですが、「ユナイテッド93」がひとつの仮説を提
示しました。どうお感じになるかは観た方次第。是非ご覧になって、この事件に対してでも、
テロに対してでも、あるいはアメリカの外交姿勢に対してでも、自分なりの感じ方をしていた
だければと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ユナイテッド93 - ジャンル : 映画

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>WGv/JGO2さん
そんなのもありましたか(・.・;)
私は見飛ばしたみたいです。
国務長官の件は確か指摘したはずなんですが、直ってなかったようですね。
もう一度映画館で見てみます。スタジオや試写室とは違う目線で見られるかもしれません。

Jウイング愛読者の一人として、次々にお仕事の機会があることを心から願っています。

DVD化の際には、以下の点についてもご検討されるとうれしく思います。

軽い乱気流があった、というところで字幕には56,000メートルと書かれていました。
私の見間違いならいいのですが、旅客機がそのような高度を飛べるとは思えません。元の言葉はLevel Three Fiveのように聞こえました。(英語は得意ではありませんので聞き取り内容に自信はありません。)

鋭いご指摘、ありがとうございます。
今回は最初の段階から参加したわけではなく、仕上げの段階に2度ほど編集作業に立ちあっただけなので、充分な精査はできず、その点は心残りです。
次にこんな仕事を貰うチャンスがあれば、ご指摘のような点にも気をつけます。
味わっていただけで幸いです。

初めて書き込みます。
ユナイテッド93見ました。

短い字数で簡潔に表現した字幕を見ながら、作品を十分に味わうことができました。

Squawkが「緊急信号」
Altimeter 2992が「気圧高度2992」
Contact Departure (周波数)が「離陸許可は・・・」
これらは、わかりやすさを重視した工夫のあとでしょう。

SecDefが「国務長官」になっていました。これは専門用語ではありません。

1 mileがすべて1.6kmで換算されていました。登場人物はNautical Mileのつもりで話していた可能性があります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。