スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-22ラプターの続報

正式発表がありました。2月10日から約3ヵ月だそうです。

韓国にはF-117 1個飛行隊がすでに派遣されてきており、こちらは通常のAEF(航空宇宙遠征軍)の展開期間と同じ4ヵ月だそうです。5月初頭までということで、今日発表されたF-22の嘉手納展開スケジュールと一致しますね。

これは凄いことになってきました。

F-117は3月に実施される韓米連合戦時増員(RSOI)演習やフォールイーグル演習に参加の予定で、その場合、侵入するF-117をF-22が護衛するステルス攻撃隊のコンセプトが、初めて最前線に近い場所で試されることになるかもしれません。

F-22に護衛されたF-117。まさに最強の組み合わせで、アメリカ空軍が目指していたのはこの形なんです。F-22にとっては航空優勢下で行なう防空戦など役不足もいいところで、敵の航空優勢下において逆に航空優勢を奪うことが第一の任務。つまり侵攻のための戦闘機なのです。

もうひとつ注目されるのが、グアムのアンダーセンにAEF展開する爆撃機。9月頭にノースダコタ州マイノットからB-52Hが派遣されてきていたので、そろそろ期間終了の4ヵ月。
次のローテーションでミズーリ州ホワイトマンからB-2スピリット爆撃機が展開するなどということになれば、ステルス爆撃機、ステルス攻撃機、ステルス戦闘機のそろい踏みという、前代未聞の物凄いことになります。

二度目の核実験を準備していると言われる北朝鮮にとって、これほど恐ろしい組み合わせはないでしょう。仮にグアムに来るのがB-2ではなくB-52Hだったとしても、充分すぎる打撃力。

アメリカもえげつないことやりますね。願わくば、この「ステルス外交」が奏功して、核問題が解決の方向に進展するといいんですが、相手もえげつないしなあ。
スポンサーサイト

コメント

あれ、ごめんなさい!!

この記事にトラックバックを送らせていただいたのですが、なぜか2つ送られてしまいました・・・スミマセン!m(__)m

>涼波さん
>Suematsu さん
一部で選定を遅らせたことで、F-35の可能性が高まってきたという声も耳にします。
海軍機ファンの私としては、ファントムの後継はスーパーホーネットという夢も捨てきれないんですねけどね。理想としてはスパホ→F-35かな。

なるほど。

>F-22はオーバースペックかつオーバーコスト。自衛隊にはF-35くらいがちょうどいいと思いますよ。
なるほど、その通りですよね。
やっぱり、ファントムの後継機ではないかあ・・・(^_^;)

やはりそうですかぁ~
F-35はスケジュールが合わないと良く聞きますが
意外に大丈夫なんでしょうか?

>涼波さん
私の聞いてる範囲では、F-Xとは無関係のようです。
実際問題、米議会が承認しない以上、買いたくても買えませんしね。
それに、上でも書きましたが、他国へ侵攻することを前提にした空軍以外、F-22はオーバースペックかつオーバーコスト。自衛隊にはF-35くらいがちょうどいいと思いますよ。

お久しぶりです!
ラプター楽しみですねぇ~!
F-Xの売り込みも兼ねて岩国で飛んでくれないかな…
くれないでしょうねぇ;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ブログ紹介(4)

今回は、先日ちらっとご紹介した、オールドコニーさんの「オールドコニーのマニアッ...
プロフィール

オールドコニー

Author:オールドコニー
ずいぶん長いことヒコーキ雑誌業界にいるモノ書きです
モットーは「知識は浅く広く、時にディープに」
最近、アスペクト比の減少が顕著です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。